薬用イビサクリームの美白成分は危険!?全成分表を見てヒックリ返った件

薬用イビサクリームの成分について

 

現在、イビサビューティーの薬用イビサクリームは日本国内で最高品質を誇るデリケートゾーンの黒ずみをサポートするクリームとして有名です。

 

イビサクリーム 成分

 

国内最高品質というくらいですから、成分には気をつけて作られていると思うのですが、私たち消費者からすれば

 

  • 毒性のある危険な成分は含まれてない?
  • 美白成分はしっかりと配合されれる?
  • 本当に低刺激の肌荒れしない安全成分?

 

なんて気になったりするものですよね。

 

一般消費者として私自身、とても気になったので徹底的に調査したのですが、そこで衝撃の真実を知ってしまい思わずひっくり返りそうになりました。

 

イビサクリーム 成分

 

包み隠さずありのままに全てをお話しようと決意しました。どうぞ最後までしっかりとご覧くださいませ。

 

 

イビサクリームの成分の詳細

 

【全成分表】

【有効成分】グリチルレチン酸2K・トラネキサム酸

【その他成分】BG、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ポリアクリルアミド、メチルフェニルポリシロキサン、軽質流動イソパラフィン、POE(7)ラウリルエーテル、党参抽出物加水分解液、油溶性甘草エキス(2)、ローズ水、ウメ果実エキス、大豆エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アルピニアカツマダイ種子エキス、サクラ葉抽出液、カモミラエキス-1、水添大豆リン脂質、オウゴンエキス、乳酸Na液、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、フェノキシエタノール

引用:公式サイトより

 

実際問題、私達一般消費者としては全成分表に記載された「有効成分」とか「その他の成分」なんて言われても「何が良い成分で悪い成分なのか専門家でないのでイマイチよく分からなかったりしますよね。

 

イビサクリーム 成分

 

「有効成分」とは効果効能が認められた成分です。イビサクリームの場合はグリチルレチン酸2K・トラネキサム酸になります。ここでもう一つ重要な事は、成分表に記載されている順番です。

 

この成分表は配合量の多い順番から記載するルールになっています。つまり、イビサクリームは美白効果効能が認められたグリチルレチン酸2K・トラネキサム酸が最も含有量が最も多い成分という事なんですね。

 

イビサクリーム 美白成分
有効成分として敏感な部位でも使用できるトラネキサム酸がしっかりと配合されて、ハイドロキノン誘導体が美白有効成分として使われていない事が確認できます。

 

ハイドロキノン誘導体は美白力がある事で有名ですが、VIOラインの様なデリケートゾーンには不向きなんですね。

 

主要成分である美白有効成分の重要性

 

そこでこちらでは重要な美白有効成分とそれを根底からサポートする成分を解説していきたいと思います。

 

【美白有効成分】

  • トラネキサム酸ジカリウム
  • グリチルリチン酸2k

 

トラネキサム酸ジカリウム

イビサクリームに高濃度で配合されている美白成分がこのトラネキサム酸ジカリウムという成分です。肌に紫外線があたったり摩擦などがあり肌が荒れると身体を守ろうとしてメラノサイトという細胞がメラニンを作りだします。このメラニン色素こそがシミの原因です。トラネキサム酸は肌刺激があった時にメラノサイトにメラニンを生成させない様にする成分です。ちなみに、今あるシミは肌の生まれ変わり周期(肌のターンオーバ)により体外へ垢として排出されます。ただ、排出されたとしても肌刺激によりメラニンは生成されるのでモグラたたき状態をストップさせるのがトラネキサム酸なんですね。

グリチルリチン酸2k

グリチルリチン酸ジカリウム2kはニキビや肌荒れをケアする効果がとても高い成分です。デメリットとして即効性はないのですが、副作用も無く長く使える安全安心の成分になります。美白と関係ないじゃんなんていわれそうですが、黒ずみができる原因は肌荒れや摩擦による炎症だという事が分かっています。ですので、肌荒れを素早く抑え込む事によりメラニン色素を生成させない効果が期待できます。だから国も美白有効成分として認定しているんですね。

 

 

その他の配合成分

 

VIOホワイトナノ成分

 

イビサクリーム 成分

 

党参(トウジン)抽出物加水分解液ナノ成分

 

イビサクリーム 成分

 

《党参抽出物加水分解液ナノ成分》
中国医学で強壮薬として使われる成分で肌に塗布する事で美白効果があるとされています。この成分は「美白剤」とも呼ばれるほど美白に定評のある美白成分になります。その美白成分をナノ化させ肌奥へと浸透します。

 

カモミラエキスエキスナノ成分

 

 

イビサクリーム 成分

 

《カモミラエキスエキスナノ成分》
カモミラエキスはカモミールの全草から抽出される天然自然成分のエキスで、別名カミツレエキス、カミツレ花エキスとも言われています。保湿効果、抗酸化、抗炎症性、美白効果、殺菌効果に優れた成分で敏感肌の方にも肌刺激が殆どないのが特徴です。

 

アルピニアカツマダイエキスナノ成分

 

 

イビサクリーム 成分

 

《アルピニアカツマダイエキスナノ成分》
ショウガ科のアルピニアカツマダイの種子から抽出されたエキスがアルピニアカツマダイエキスと呼ばれています。天然自然成分(植物成分)なので肌が敏感な方もで使用しやすい美白成分になります。

 

実は、アルピニアカツマダイエキスに部組まれるカルダモン成分がメラニン生成をストップさせる作用があるとされています。抗炎症作用・抗菌作用もある事が最近確認されています。

 

3種類の保湿効果を高めるサポート成分

 

イビサクリーム 成分

 

ウメ果実エキス成分

 

 

イビサクリーム 成分

 

《ウメ果実エキス成分》
加齢や紫外線によって肌が黄ぐすみ肌の弾力が低下する 「糖化」に作用し、肌の透明感を高め、ハリを保つとされています。

 

大豆エキス成分

 

イビサクリーム

 

《大豆エキス成分》
大豆に含まれるイソフラボンは肌の調子を整える「美肌ホルモン」のエストロゲンの働きを補い、若々しい肌に導きます。

 

肌の弾力を根底から支える「コラーゲン」を増殖させハリを保つとされています。また、細胞の新陳代謝を上げる事により肌の生まれ変わり(肌ターンオーバ)を促進するので保湿力も上昇します。

 

サクラ抽出液成分

 

イビサクリーム 成分

 

《サクラ抽出液成分》

肌の炎症を抑える作用、美白作用(メラニン生成抑制)、肌荒れ改善作用などがあります。

 

肥満細胞から遊離されるヒスタミンを抑制し、かゆみや炎症を抑える働きがあります。
また、メラニン生成抑制作用もあり、くすみ、色素沈着対策、美白作用が期待できます。

 

サクラの葉にはイソフラボン、フラボノイドなどのポリフェノール類、およびクマリン配糖体のメリロートサイドなどの抗酸化作用を持つ成分が多く含まれています。

 

潤い成分

 

イビサクリーム 全成分

 

ステアロイルフィトスフィンゴシン成分

 

ステアロイルフィトスフィンゴシン成分は別名セラミド3と呼ばれています。セラミドは皮膚で脂質バリアを構築しキープするために重要な役割があり肌バリア機能の改善、水分保持に効果がある事が知られています。

 

オウゴンエキス成分

 

オウゴンエキスは和漢植物エキスの一種になります。シソ科植物のコガネバナの根をオウゴンと呼び、そのオウゴンから抽出されるエキスです。抗酸化力があるだけでなく、肌に潤いを与えてくれる効果もあるとされる成分です。

 

シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール成分

 

お肌や髪の毛への水溶性有効成分の浸透を促し、肌や髪のダメージを改善する成分です。

 

更に、保湿、潤いを与え肌のコンディションを整える効果効能が認められた薬用成分

 

ローズ水成分

 

美容先進国のブルガリア国立バラ研究所によると、天然のローズウォーターには肌を柔軟にし潤いを与える成分がたっぷり含まれているだけでなく、かゆみや皮膚の不快感、ハリや潤いの低下といったさまざまなトラブルを解決する天然成分とされています。

 

 

 

油溶性甘草(2)成分

 

油溶性の成分を抽出した「油溶性甘草エキス」には、フラボノイドが多く含まれており、美白効果、抗菌作用、抗酸化作用、等があることが知られています。天然細分で安全に黒ずみ対策にアプローチする安心の成分です。

 

農グリセリン成分

 

副作用が無く、良い事だらけの成分が濃グリセリンです。具体的な作用として肌の乾燥を防ぎ潤いをサポートです。お肌を温めてくれるので使い心地も自然と良くなります。グリセリンは化粧品の延びを良くするのでコスパにも一役かっています。

 

1,2ーペンタンジオール成分

 

保湿作用、エモリエント作用に優れている成分です。 また、抗菌効果が非常に高く、防腐剤を低減した製品などに配合されます。(エモリエント作用とは皮膚からの水分蒸散を防止してうるおいを保持し、皮膚を柔軟にする事です。)

 

ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液成分

 

いわゆる”ペリセア”と呼ばれる成分。 天然の脂肪酸とアミノ酸からできた特殊な界面活性剤。 最新の成分で画期的な効果があり、ヘアケア、スキンケアに一気に広まっている。 その効果は毛髪内部に1分で浸透し、修復する。従来、髪に浸透するのに時間を要し、家庭での毛髪補修は難しい面があったが、一気に手軽になった。 スキンケア成分としても荒れ肌に浸透し健康な状態に整えるという効果がある。

 

BG成分

 

BG(ブチレングリコール)は、保湿効果とともに抗菌効果もある成分で、刺激もほぼ無く安全性に優れた敏感肌の方の化粧品の基本成分(基材)としてよく使われている安全な成分です。

 

アレルギーを起こす成分について

 

化粧品やボディーケアクリームなどを使ったら「塗った所が何だか熱い」その内だんだん肌が荒れてきたって事ってありませんか?

 

イビサクリーム 成分 アレルギー

 

アレルギー反応が出ると軽い症状では

 

  • 痒み
  • 少し熱くなる
  • ちょっとヒリヒリ

 

症状が重くなると

 

  • 赤くなりボツボツ発疹
  • ただれ
  • みずぶくれ

 

といった症状が現れたりします。

 

イビサクリームはそういったアレルギー観点も考慮して作られていますので、無添加の天然成分にこだわり作られています。

 

発がん性物質でもある合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンといった毒性が高くアレルギー症状を引き起こす可能性が高い成分などは一切配合されていませんでした。

 

この事は公式サイトにしっかりと記載されていました。↓

 

イビサクリーム 成分 原材料 安全

 

薬用イビサクリームはトラネキサム酸・グリチルリチン酸ジカリウムと言った美白効果が国から認められた成分に注目が集まりがちですが

 

その他の成分も知れば知るほど、陰部の黒ずみに悩む消費者にとことん付き添った思いやりのある商品である事は明白でありました。

 

 

製造工場と品質は大丈夫?

 

やはりデリートゾーンに塗るクリームなので原材料や成分について気にするのは当たり前だったりしますよね

 

ただ、その根底にある思いとしては

 

  • 安全性は高いか?
  • 危険性は無いのか?

 

といった事だったりするものです。

 

「アレルギー対応で毒性成分は徹底的に排除しています。」「敏感肌でも使える優しい成分だけを使用しています。」と言われても品質管理の事なども気になったりします。

 

そこで公式サイトでは品質管理面についてこの様な事が書かれていましたので、ご紹介したいと思います。

 

イビサクリーム 成分

 

 

 

 

 

 

海外で有名な商品だからと使用してみたら肌荒れを起こしたケースも少なくなくありません。日本国内で生産・製造過程は他国と比べて安全基準が高い傾向にあります。

 

勿論、イビサクリームは国内の工場で生産されている安心の美白クリームでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その全ての原因は肌のバリア機能の低下やアレルギーに関係していると言われています。

 

肌荒れを避けるには使用前にパッチテストが重要

 

ハッチテストを行うタイミングと部位順番

 

イビサクリームは女性器周りの商品だからと言ってをiライン、vライン、oラインでいきなりパッチテストをする人がいるのですが完全にNGな行為となっています。

 

パッチテストの順番としてはお風呂で清潔にした後、二の腕の内側の柔らかい敏感な所に塗り約30分後に肌のビフォーアフターをチェックして肌に赤みやヒリヒリなど異常が見つからなければ1日放置します。その時汗で濡れないようにすることがポイントです。

 

その後はフェイスラインでパッチテストをし肌が熱くなる、痒い、肌荒れなどの症状がなければ最後にVIOラインの最終パッチテストに進んでください。

 

パッチテストを行うのに良いタイミングというのが存在します。女性の方は生理前の黄体ホルモンでるプロゲステロンの分泌が活発になる時期に肌荒れを起こす確率が高い傾向にあります。

 

生理後の肌が安定しているタイミングでパッチテストを行う事で本当に肌に合うのか判断できたりするものです。

 

 

【ヒント】

一度に複数の商品同時に試すと、どの成分で肌荒れを起こしたか分からなくなるので、複数トライしたい場合は念のため1品ずつパッチテストをすることをおすすめします。

 

 

 

しばらくしてからアレルギー反応が現れる事も

 

イビサクリーム 効果ない